G@KIRA.NET×机上向学

ガジェット好きな筆者のPC・クラウド・アウトドア・防災に関する事を書いてみる、そんなブログです。

QNAP TS-251A NASのアンチウィルスを設定する

NASはパソコンです。

パソコンである限り、ウィルスなどの対策は必要です。

ローエンドのNASはその対策を外部、ネットワーク上で繋がったWindowsMacにインストールされたのセキュリティソフト、あるいはルーターのFirewallの機能などの監視機能に依存します。

QNAPですと状況が変わります。

基本的な機能の一つに「アンチウィルス」を備えています。

今回はその設定についてです。

QNAP TS-251で設定作業した記録ですが、QNAP製のNASであれば基本は同じです。

まず管理画面にログインし、「アンチウィルス」を起動します。

概要部分の「アンチウィルス」と「更新」の両方にまずはチェックを入れます。

f:id:gakira:20180112112328p:plain

更新にチェックを入れたら、パターンファイルの更新頻度が変更できますが基本は「1日」でいいでしょう。オンライン更新の「今すぐ更新」をクリックして最新のパターンファイルを入手すればOKです。

f:id:gakira:20180112112501p:plain

「ウィルス定義」の項目に更新した日付が表示されれば成功です。

f:id:gakira:20180112122142p:plain

設定が出来たら次はスキャンジョブを設定します。

「スキャンジョブ」タブへ移動し、「スキャンジョブの追加」をクリックします。

f:id:gakira:20180112122520p:plain

ジョブ名を入力して、スキャン範囲を決めます。基本は「すべてのフォルダ」で良いと思います。

f:id:gakira:20180112123113p:plain

スキャン頻度(スケジュール)を決めます。今回は毎日0時に実行させるようにします。

f:id:gakira:20180112123222p:plain

フィルタリングします。考え方次第ですが、今回は「潜在的に危険なファイル」とされるものを対象にする事にします。

f:id:gakira:20180112123249p:plain

スキャンするファイルに制限を掛けます。

f:id:gakira:20180112123313p:plain

最後です。アクションを設定します。

・感染ファイルの隔離

・感染またはジョブの完了を知らせるメール送信

の設定を行います。

メールの送信には通知設定が必要です。これはまた後日。

f:id:gakira:20180112123342p:plain

以上で完了です。

スキャンジョブの画面に戻って「アクション」から「今実行する」を選択して初回スキャンを実行します。

f:id:gakira:20180112125625p:plain

ここまででQNAP TS-251のアンチウィルス設定は完了です。

次回は通知設定をしようかと。