G@KIRA.NET×机上向学

ガジェット好きな筆者のPC・クラウド・アウトドア・防災に関する事を書いてみる、そんなブログです。

USB-C搭載MacBookProとHDMIディスプレイを接続する作法

以前こんなことを書きました。

 

gakira.hatenablog.com

 マルチインターフェースのデバイスとしてポートてんこ盛りで言うことなしです。

でお客様にもお勧めしていたんですが、最近「HDMIでプロジェクタをちゃんと認識してくれない」というご相談を頂きました。

お薦めした手前、これはいかんとひとまずApple純正の品と比較検証してみることに。

改めて見てみればなかなかクセのある製品と云うことも分かりました。

1)TuneWare ALIMIGHTY DOCK C1(以下「C1」)

問題の子です。ポートは充実の、

・USB-Cx1(充電可能)、HDMI x1、USB-A x3、SD&MicroSDカードスロットx各1、Ethernetポートx1

天下無敵です。

実際にC1をHDMI経由でディスプレイ(プロジェクタ)へ繋ぐ最適解は、

1,MacBook本体を起動、あるいはスリープを解除しておく

2,C1を繋ぐ(この時HDMIポートにケーブルは繋がない)

3,ディスプレイ(プロジェクタ)の電源を入れる(あるいはスリープを解除しておく)

4,C1にHDMIケーブルを繋ぐ

です。

付属しているマニュアルを改めて確認すると、そのように記載が。

f:id:gakira:20170917100628p:plain

表示が小さい。。。更に「スリープ状態になるとHDMI接続が解除され、映像が映らなくなることがある」との表記あり。その場合は1〜4の作法を繰り返す必要があるようです。

実際に繋いだ状態でMacBookをスリープさせたり、ディスプレイ側の電源を一端切ってみたりして復帰させると、確かに不安定です。映像が映らずまったく認識しない、認識してるけどブルーの画面だったり、あるときはすんなり認識したり、不安定この上ない。ORZ

多分ディスプレイやプロジェクタのコントローラーによって全く違う結果になりそうなんだけど、もう少し何とかならないだろうか?

というわけで、

2)Apple純正 USB-C to Digital AV Multiport Adapter

安心の純正品ですが「Multiport」を謳うにしてはポートが寂しい(苦笑)

・USB-Cx1(充電可能)、HDMI x1、USB-A x1

でこちら純正品なので苦もなく繋がるだろうと検証用のディスプレイに繋いでみました。。。あれ?MacBookPro側(macOS Sierra搭載)の液晶がパカパカ明滅して、しかも肝心のディスプレイに映らない。

実際にはアダプターを繋ぐと機器のアップデートを行えとの指示が表示されます。

    f:id:gakira:20170917101927p:plain

微妙にアップルらしからぬ感じが。

f:id:gakira:20170917102012p:plain

ここまでしておいて、映らないって云うのが「おい!」ってなもんですが、要するに上記の「C1」と同じです。

1〜4の手順でやらないと同じ結果が起きます。スリープ解除後の動作もさほど変わりません。

純粋なThnderbolt to HDMIアダプターなんかの方が全然良かったORZ

どうにもすっきりしませんが、純正でさえこの動作なので

HDMI搭載のディスプレイ(プロジェクタ)とUSB-Cポートを接続する「仕様」」

と割り切らないといけないかもしれません。

macOS HighSierraでまたこの仕様が変わって、ちゃんとコントロールできるようになってくれることを祈ります。

 

 

Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタ MJ1K2AM/A

Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタ MJ1K2AM/A

 

 

 

 

 

DROPBOX(らしきところから)届いたメールでスパムメールの見分け方を考えてみる

クラウドストレージ大好きなGAKIRAです。

日頃Dropboxを最も愛用していますが、ある日届いたDropbox(らしきところ)から届いたメールが如何にもなので、所謂スパムメールを見分ける素材として解剖してみようと思う。

まずメールの全景。

あたかも「あなたがログインしたメールアドレス(ID)が正しいかどうか確認したら完了だよ」とネットの向こうでマッチョなオペレーターがサムアップしながら語り掛けてきているような文章。

f:id:gakira:20170905161443j:plain

Dropboxからのメールは意外とシンプルなものが多いので本物っぽく見えるんですけど、そもそも端末からのログインを試みても何もしていないタイミングで届くメールは要注意です。

Point1→君はログインした記憶があるか?

送信してきたメールアドレスを確認します。

メールソフトにもよりますが、送信者欄にマウスオーバーしたり右クリックすれば表示されます。

f:id:gakira:20170905161550j:plain

「no-reply @ dropbox.com」は実際にDropboxから送られてくるメールで使われているなのですが、送信アドレスは偽装できてしまったりするので、この表示は当てになりません。

ASCII.jp:メール送信元のなりすましを「SPF」で防ぐ|週刊セキュリティレポート

それでも例えば「Yahooサポート」と表記されていながら、マウスオーバーすると「abcdefg @ xxxooo.com」という摩訶不思議なアドレスが表示されたりしますので確認してみるといいです。

Point2→本当にXXXXXX社が送ってきてるメールなの?

宛先に自分の名前が表示されていても「ちょっと待て」。マウスオーバーor右クリックしてみましょう。なんだかよく分からないアドレスが表記されていたり、送り主であるはずのサービスに登録していないメールアドレスへ届いたりしてませんか?

f:id:gakira:20170905162639j:plain

今回のアドレスも登録したはずのないメールアドレスに届いていました。

Point3→そのメールアドレスは登録しているものなの?

この手の「認証を完了して下さい」的なメールではクリックしてしまいたくなるアイコンがメールのど真ん中に鎮座しています。

クリックをする前に一呼吸。アイコンの上にマウスオーバーするとリンク先のURLが表示されます(注 Mac付属のMail.appです)

f:id:gakira:20170905163128j:plain

「http:// dar-alataa.com / dropbox. html」。。。。どこのサイトだよ

で、Mail.appですとマウスオーバ−すると右横に下向きの矢印アイコンが表示されます。それをクリックすると、リンク先のページをプレビューしてくれます。更にここでインターネットセキュリティー系のソフトが常駐しているとこのように表示されます。

f:id:gakira:20170905163421j:plain

Kaspersky Internet Securityの場合

f:id:gakira:20170905163701j:plain

※Trendmicro VirusBusterの場合

やはりセキュリティソフトは入れておくべきですよね。

うっかりアクセスしてしまいそうなときに直前でブロックしてくれます。

Point4→そのリンク先は正しいサービスのページなの?

 

以上GAKIRAが疑わしいメールを判断する場合のポイントを4つ上げてみました。

これ以外にも送られてきたメールのヘッダー情報を読んでみるとか、メールに記載のURLやリンクボタンは使わずに正規のページから自身の管理ページにログインするようにするとかいろいろ注意点はあります。

最近の手口や偽装されたメーカーのサイトはよくよく見ないと判断できないクオリティになってきているので十分注意しましょう。

もちろんセキュリティソフトのインストールも忘れずに。

 

 

カスペルスキー セキュリティ 2017 3年5台版

カスペルスキー セキュリティ 2017 3年5台版

 

 

 

Evernoteを更新するか否か・・・それは問題か?と思ってたらDropBox Paperが正式にサービスインした模様

 ちょっとしたメモはGoogleKeep、それなりに書きためたい物はDropboxPaper(β)、WEBの「後で見る」はPocketとPushBulletとFacebookの保存済みで使い分け。

こんな私のネットサービスの利用方法にとってEvernoteの入る余地は何処だと考えた?

Evernoteの各プランごとの機能はこんな感じ。

f:id:gakira:20161216142532p:plain

Evernote ベーシックを無料で入手するか、プラス版またはプレミアム版にアップグレードできます。 | Evernote

現在私が利用しているのは成り行きでプレミアム版だ。その特典を細かく分解してみてみると

・10GB の月間アップロード容量→そんなにアップしてない
・同期できる端末数の制限なし→これはまぁ欲しいっちゃ欲しい
・画像、PDF、Office 文書に含まれる文字を検索→微妙・・・
・PDF に注釈を挿入→まずしない
・サポートの優先対応→う〜ん、利用したことない
・名刺をスキャンしてデジタル化→エイトに移行済み
・ノートをプレゼンテーションに即変換→しない
・ノートの履歴を閲覧→あまり・・・
・関連コンテンツを発見→たまに「お!」と思うことはあるけどマストじゃない

 

・・・・・これ、もういらないんじゃない?

 

 と、この記事を書こうと下書きに放り込んでおいたら、本日1月31日、Dropboxβテストを行っていた「Paper」が正式にサービスインしたようです。

Dropbox の新しいスマート シンク機能と共同作業ツールのご紹介

もちろん性質がEvernoteとはちょっと違うので、純粋に比較するもんでもないんだけど使い勝手は良い。軽いし。

なにより、あちこちにメモや下書きや原稿が散らばらなくて良いと思えば「ポケットは1つ」の原則で気持ちがいい。

ということでEvernoteは解約して無料アカウントにしようかな・・・

多分困んないだろう

 

 

クラウド活用テクニック150 (2017年 最新版)

クラウド活用テクニック150 (2017年 最新版)