読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

G@KIRA.NET×机上向学

ガジェット好きな筆者のPC・クラウド・アウトドア・防災に関する事を書いてみる、そんなブログです。

Evernoteを更新するか否か・・・それは問題か?と思ってたらDropBox Paperが正式にサービスインした模様

 ちょっとしたメモはGoogleKeep、それなりに書きためたい物はDropboxPaper(β)、WEBの「後で見る」はPocketとPushBulletとFacebookの保存済みで使い分け。

こんな私のネットサービスの利用方法にとってEvernoteの入る余地は何処だと考えた?

Evernoteの各プランごとの機能はこんな感じ。

f:id:gakira:20161216142532p:plain

Evernote ベーシックを無料で入手するか、プラス版またはプレミアム版にアップグレードできます。 | Evernote

現在私が利用しているのは成り行きでプレミアム版だ。その特典を細かく分解してみてみると

・10GB の月間アップロード容量→そんなにアップしてない
・同期できる端末数の制限なし→これはまぁ欲しいっちゃ欲しい
・画像、PDF、Office 文書に含まれる文字を検索→微妙・・・
・PDF に注釈を挿入→まずしない
・サポートの優先対応→う〜ん、利用したことない
・名刺をスキャンしてデジタル化→エイトに移行済み
・ノートをプレゼンテーションに即変換→しない
・ノートの履歴を閲覧→あまり・・・
・関連コンテンツを発見→たまに「お!」と思うことはあるけどマストじゃない

 

・・・・・これ、もういらないんじゃない?

 

 と、この記事を書こうと下書きに放り込んでおいたら、本日1月31日、Dropboxβテストを行っていた「Paper」が正式にサービスインしたようです。

Dropbox の新しいスマート シンク機能と共同作業ツールのご紹介

もちろん性質がEvernoteとはちょっと違うので、純粋に比較するもんでもないんだけど使い勝手は良い。軽いし。

なにより、あちこちにメモや下書きや原稿が散らばらなくて良いと思えば「ポケットは1つ」の原則で気持ちがいい。

ということでEvernoteは解約して無料アカウントにしようかな・・・

多分困んないだろう

 

 

クラウド活用テクニック150 (2017年 最新版)

クラウド活用テクニック150 (2017年 最新版)

 

 

 

アップル製品を持っているなら「Apple サポート」アプリを入れておけという話

数日前に密やかにアップルから「Apple サポート」アプリがリリースされました。

Apple サポート

Apple サポート

  • Apple
  • ユーティリティ
  • 無料

 iPhone版とiPad版が同時にリリースされていて「iOS9.0以上」で動作します。

自分で使用しているアップル製品は基本的にはアップルIDで管理されています。

このアプリは同一のアップルIDでログインしている、iPhoneiPadMac製品、AppleTV、AppleWatchなどを全て一覧表示してくれます。

これだけでも十分ありがたいのですが、「サポート」と名乗っているとおり問題が起きたときに解決する方法を探すサポートをしてくれる機能が一つにまとまっているのがポイントです。

早速手元のiPhoneへインストールします。

アップルIDはインストールしたiPhone(またはiPad)から取得するので手間はありません。完了すると自分が同じアップルIDで登録している製品が全てリストアップされます。どんだけあんねん、自分・・・

 

f:id:gakira:20170127141402p:plain

表示される機材(ここからはデバイスとします)の条件は以下の通りです。

・iOS9またはそれ以上、デバイスの「iCloud、iMassage、FaceTime、iTunesStore、AppStore」にログインしている。同時にペアリングしているAppleWatchも表示される

・iOS8の場合、バイスの「iCloud、iTunesStore、AppStore」にログインしている。同時にペアリングしているAppleWatchも表示される

OSX Yosemite以上、またWindows10以降でデバイス上でiCloudにサインインしている

・tvOS7以上、デバイスでiTunesStoreとAppStoreにサインインする

となっています。

更に「デバイスに搭載されているiOSOSX、tvOSのバージョンが上記よりも古い場合はデバイスリストに表示されません」とあります。

残念ですがある程度は仕方ないですね。

(でもOSX Mavericksぐらいはサポートしてよブツブツ)

表示されたデバイスをタップすると、そのデバイスに関連するトラブルシュートがカテゴリー別に表示されます。これらを辿って問題の解決を行う事が出来そうです。

f:id:gakira:20170127142603p:plain

また「製品の詳細」をタップするとデバイスのサポート状況を確認できます。

表示は2012年モデルのMacminiです。当然メーカーの初期保証もアップルケアの保証も切れているので修理が必要な場合は少なくとも有償だと分かります。

f:id:gakira:20170127143038p:plain

保証が有効であれば有効期限が表示されます。これは昨年末に購入したMacBookPro 2016年モデルです。アップルケアを付けていないのでメーカーの初期保証(限定保証と云っていますね)で1年間付いているのが分かります。

こういう情報が手元で分かるのはありがたいですが、惜しむらくはシリアル番号は完全表示してくれたほうがユーザーに優しい仕様になると思います。

f:id:gakira:20170127143412p:plain

更にデバイスのサポート情報上の検索窓にキーワードを入れるとサポート情報をソートしてくれます。例えば「電源」と入れて検索すると次のように出るので「電源が入らない」をタップします。

 

f:id:gakira:20170127143836p:plain

すると致命的な問題を判断されたのか持ち込み修理やチャットサポートが上位に表示され、アップルのFAQの推奨記事が下段に表示されます。

 

f:id:gakira:20170127144110p:plain

「すべてのサポートオプション」をタップすると以下のような選択肢が表示されます。自分の緊急度に合わせて選ぶことが出来そうです。延々と保留音を聞かせられるよりも時間指定なり出来るのはありがたい限りです。

f:id:gakira:20170127144316p:plain

「持ち込み修理」を選択すると、位置情報をONにしてあれば受付可能なアップルストアや量販店、サービスプロバイダをリストアップしてくれるのでこれは便利です。

f:id:gakira:20170127144717p:plain

ということで無料でインストール可能なアプリなので一家に1つならぬ、1アップルIDに1つは入れておくといざというときにあたふたせずに済みそうです。

これはお薦め。

 

 

アクト・ツー TechTool Pro 9

アクト・ツー TechTool Pro 9

 

 

 

裏表、LithningCableとMicroUSBの両面挿しケーブルを使ってみた

世の中にはいろいろと変態なケーブルというのがありますが、先日ドンキホーテでレジ待ちしているときにふと目に入り衝動買いしたのがこれ。

f:id:gakira:20170124080854j:plain

怪しい、怪しいよ。

f:id:gakira:20170124082455j:plain

f:id:gakira:20170124082503j:plain

解説書を見ると

f:id:gakira:20170124082431j:plain

なんか怪しい上にややこしい。

KindleFireに思い切って挿してみる。

f:id:gakira:20170124134651j:plain

充電状態になりました。写真はないけどiPhoneでもちゃんと充電できました。

MicroUSB端子として使えるならば、いろいろとアダプターも挿せるんじゃね?

と、思ってFoma用のアダプターを差し替えてガラケに挿してみる。

f:id:gakira:20170124135019j:plain

使えた。

LightningケーブルとMicroUSBケーブルとで裏表を間違えると機器の故障などが起きるかもしれないという警告の一文があるので怖い。

なのでこんなトリッキーなケーブルよりも、こういうタイプを使用した方が間違いないと感じた冬の1日。

f:id:gakira:20170124135208j:plain