G@KIRA.NET×机上向学

ガジェット好きな筆者のPC・クラウド・アウトドア・防災に関する事を書いてみる、そんなブログです。

机上向学 NASでよく使われている「exf3」のドライブをMacで読み込む方法

NAS好きなGAKIRAはバックアップも忘れません。
NASのバックアップは通常、NAS本体に取り付けたUSB外付けHDへスケジュールバックアップを行います。
最近ではNAS自体がクラウドストレージへのバックアップや同期機能を提供していてそちらでバックアップが可能なものもありますが、バックアップ速度やいざ復旧する際の高速性は外付けHDというのが確かかと思っています。
そのバックアップ用のHDですが、多くのNASでリフォーマットすると「XSF」あるいは「EXT3 or EXT4」で行われます。
もちろんいわゆる「FAT32」も手動で選択可能ですが
・1ファイル4GB以上のものは扱えない
・使用するファイル名に制限がかかる(有名なところでは「/」はNG)
など、制限があるため「XSF」または「EXT3 or EXT4」のフォーマットが妥当です。
 
この場合困るのは、実際にNASがクラッシュした際のデータリカバリーです。
NASそのものを復旧するのであれば、復旧後のNASにHDを接続し、クライアントのWindowsMacからネットワーク経由でデータへアクセスすることやNAS本体へのデータのコピー(復旧)が可能になります。
ですが、緊急で中のデータで取り出して作業を続けたい場合は「XSF」や「EXT3 or EXT4」でフォーマットされたHDは、そのままではWindowsmacOSOSX)では読み込むことが出来ません。
 
Windowsでは例えばバッファローが「EXT3リーダー」を提供していたり、
「Paragon ExtFS for Windows」を利用したりする方法があります。
また「XSF」フォーマットのディスクの場合は「KNOPPIX」というツールがあり、起動用のDVDを作成して運用するもののようです。しかし数年前までローカライズしていたところが止めてしまったようで、ちょっと扱いにくい気がします(GAKIRAも使った事はありません)
 
ではMacはどうなの?ですが、もちろんLinuxのディスクは直接読めません。
またWindowsほどいろいろ手段があるわけではなく、MacFuseを利用した方法がネット上では散見されるだけかもしれません。
試してみましたがGAKIRAの知識のつたなさのせいか、上手くいきません。
ではどうするか。
MacでもWindowsでも仮想環境にUbuntsuあたりをインストールして、それで読み込ませるのが一番安定していて良いんじゃないかと思ったり。
 
GAKIRAはParallels Desktop for Macを使用しています。数年前までVMWareでしたが、メーカーが国内の代理店を切った時点で愛想尽かしてやめました。でも最新版のライセンスは更新してます。
 
Ubuntuのインストールは簡単です。Parallelsを起動すると仮想環境の追加画面から「Ubuntu」が無料のOSとしてインストールできます。

f:id:gakira:20171215150436p:plain

f:id:gakira:20171215150535p:plain

これをインストールしてから起動し、「XSF」や「EXT3 or EXT4」フォーマットのHDを接続。Mac本体と仮想環境側のどちらに接続するか聞かれるので、そのまま仮想環境側を指定すれば見事にマウントされます。

f:id:gakira:20171215150510p:plain

オレンジ色にハイライトされているのが「EXT4」フォーマットしたNAS用のバックアップディスクです。この後Ubuntu上でデータをコピーしたりされたり消したり自在でした。
ParallelsにしろVMWareにしろ導入には少々コストがかかりますが、NASのディスクのメンテナンスだけでなくいろいろな環境をシームレスに繋ぐことが出来るので投資しても良いところ何じゃないかと思うのです。
NASがクラッシュしたりしたときにデータリカバリーに業者に依頼して数十万円を請求されることを考えれば安いもんだと思って下さい。
 
パラレルス?Parallels Desktop 13 for Mac Box JP

パラレルス?Parallels Desktop 13 for Mac Box JP

 

 

ユニクロ+DIMEのトートバッグからモンベルのデイパックへ乗り換える

独立後永らく愛用してきたユニクロDIMEのコラボ製トートバッグ(現在非売品)からモンベルのユーティリティ・デイパックに乗り換えた。
肩掛けで中身にわりと素早くアクセス出来るトートバッグから乗り換えるのはかなり躊躇してたのだが、右肩ばかりにずしりとのしかかる重さが最近しんどくなってきた&そのせいもあって姿勢の悪さがより目立ってきた感が出てきた、ということもあり決意。
まだ1週間ほどだけど当たり前に快適なのは、
「しっかり背負えて両手が空く」
「右肩の疲労感が少し軽減」
「(これからの季節)背中が温かい」
ということで結果良好。
慣れぬせいか不便なのは、
「ものの取り出しに時間がかかる」(肩掛けだったから左手で大抵のものは取り出せた)
「容積に限度はある」(トートは口開けっぱなしなので容量以上のものを入れられた)
というところか。
 
このモンベルのデイパック「ユーティリティ・デイパック」は結構収容力があります。
フロントにジッパー式のポケットが3つ。
携帯やモバイルバッテリー
f:id:gakira:20171016114700j:plain
手帳やセカンドバッグ

f:id:gakira:20171016114742j:plain

傘を入れる専用収納(ただしモンベル製の折りたたみでないとなかなか入るものがない)

f:id:gakira:20171016114909j:plain

メインの収納と書類やノートPCを入れるところは別々で内ポケットも多い

f:id:gakira:20171016114837j:plain

 
もともと学校を卒業して、会社勤めの当初はデイパックで通勤していた。
しばらくして会社帰りにお客様のところへ寄る事になって、そこで結構上の方の方と挨拶することになり、デイパックから名刺を取り出すのが非常に恥ずかしい思いをしたときから所謂ビジネスバッグに乗り換えた。
その後は紆余曲折を経て、仕事道具をどれだけ効率よく持ち運ぶかを考えた結果、件のトートバッグに落ち着いていたのだが、その時から更に持ち運ぶものは軽薄短小となり、よりコンパクトにまとめられるようになってようやく手持ちしたときでも格好の良いモンベルのデイパックにたどり着いたというわけだ。
東日本大震災の時から帰宅難民化しそうな私としては背負えるタイプのバッグにしようかどうしようかとずっと悩んでいた。
使い勝手の良さになかなか切り替えられず、またどうしても仕事上あまりにスポーティーなデイパックは都合が悪く、更に悪く云う気は無いのだけれどリュックとビジネスバッグ兼用のスリーウェイという鞄がどうしても受け入れられなくて。
それでようやく見つけたのがこのデイパック。
同じような悩みを抱えている方々お薦めです。
「ユーティリティ・デイパック」が大きいな、という方には少し小さな「アウルパック」もお薦めです。
こんだけ奨めてもモンベルさんからは一銭も頂いておりません。
 
余談ですがデイパックの底には万が一の時のためにエマージェンシーシートや懐中電灯なんかも用意。
備えあれば憂いなしなので、モンベルのデイパックでなくともご一緒にどうぞ。

 

SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用 12132

SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用 12132

 

 

 

iMacにクランプ式のUSBハブはよく似合う

iPhone8で一騒ぎしているのですが、実は最近自宅のメインマシンをMacmini(2011モデル)からiMac(2017)21.5inchへ乗り換えました。デスクトップマシンを新品で購入するのはPowerMacDTシリーズ以来かも。
中古のMacminiを3台ぐらい使い潰して今ので多分4台目。繋いでいたディスプレイがよくブラックアウトする症状が出てしまったので泣く泣く(嬉々として)買い替え。
何が快適かっていうと今まで接続するケーブルがアダプター類も含めて机の裏をうねるようにしていたのが、まさに電源ケーブル一本だけに収まったこと。
すばらしい。
そしてメインマシンとして使用するようになってから改めて気づかされたのは、「USBポート類が裏側にあるって不便」でした。
散々お客様にiMacを販売して起きながら、今更の気づきにごめんなさい。
もちろんUSBポートの数が不足しているだけならばUSBハブを増設して対応するのだけど、利便性よく抜き差ししたいというのとでは少し様子が違ってくる。
できれば面側に綺麗に配置したいよね。
でなんとなく探してみるとあるもんです。

 

f:id:gakira:20170921072906j:plain

Omars USBハブ 4ポート バスパワー スタンダードUSBハブ(シルバー)OMHUB4USLAL

クランプで留めるUSBハブです。そもそもiMacで利用することを念頭に置いているのか、マット感のあるシルバーが好印象。

f:id:gakira:20170921072943j:plain

イメージとしてはもともとUSBポートのある右側(向かってね)下部にクランプで固定して使用する感じ。

f:id:gakira:20170921073059j:plain

もちろんクランプの幅に合うならば机の脇や柱、普通のディスプレイに取り付けても非常に便利かも。

f:id:gakira:20170921073207j:plain

色々悩んだ挙句、自宅ではモニター机上台の下部に取り付けることに。
f:id:gakira:20170921082833j:plain
iMacの下部でもよかったけど、せっかくのスリム感を損ないたくなかったので。
取り付けてみるとここ以外にはない!ともうぐらいいい感じ。

f:id:gakira:20170923112551j:plain

 
注意点はiMacの直下以外に付けようとするとまず間違いなく付属のUSBケーブルが短い(笑)。しかもUSBTypeA(オス)-A(オス)という意外にレアなやつ。なので少し余るけどUSBTypeA(オス)ーA(メス)の延長ケーブルを別途調達が必要。
(さらにさらにUSB3.0規格なので相応のケーブルが必要です)
 
何れにしてもお勧めの製品です。