読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

G@KIRA.NET×机上向学

ガジェット好きな筆者のPC・クラウド・アウトドア・防災に関する事を書いてみる、そんなブログです。

机上向学 クラウドサービスをまとめて管理できる「WingFS」を試してみた

日本年金機構が標的型メールの安易な開封によって百数十万件の情報を流出させてしまうという事件が起きました。なんであれ仕掛けた奴が悪いのは間違いないのですが、重要な年金加入者情報が暗号化の処置もされずにインターネットに接続したPC場で運用されていた件についてはきちんとしたセツメイセキニンと再発防止策と十分な処罰が行われることを願います。ついでですがA大臣の「マイナンバーはファイヤーウォールで守られているから安心」発言は、あぁこの人は全く仕組みが分かっていないんだろうなと思わせるに十分な発言だったことは内緒です。

 

さて本題です。

クラウドストレージ大好きな私としては、日々増えていくクラウドストレージの管理がとても大変です。ローカルストレージと同期するタイプが運用上最強だという事に変わりはないのですが、SSD搭載モデルのMacBookAirやタブレットPCでは内部容量の制限があるため同期サービスを利用しにくいのも事実です。

その場合はブラウザーからアクセスするわけですが、ファイルの追加や移動はかなりよく出来たサービスでも面倒なモノです。

そんな時はこれ!というアプリをインテリジェントワークスさんが提供してくれました。

intelligentworks.co.jp

現在まだOSX版のみの提供ですが、WindowsServer,Windows7,8,Linuxまで対応予定です。嬉しいのはOSX10.6 SnowLeopardから対応すること。古いモノを大切に使う日本人の精神を垣間見る気がします。

アプリは無料で使用出来ますが、一度にデスクトップにマウントできるクラウドサービスが1つだけという制限を受けます。

では有料版=Proが幾らかというと「見積で対応」だそうなので現時点では確認できていません。どうかそのあたりの開示はお願いしたいモノです。

では実際にクラウドへアクセスするように設定してみます。アプリケーションをダウンロードして起動させるとメニューバー上に常駐します。基本的にはここからアクセスするようになりますが、設定画面では常時起動を選択できないのでシステム環境設定上で「ログイン項目」に登録して上げる必要がありそうです。

初回起動時に通常版かPro版かを聞いてくるので今回は標準版で。

f:id:gakira:20150608145136p:plain

最初は当然何も登録されていませんから、左下の「+」ボタンをクリックしてクラウドサービスを選択します。

選べるクラウドサービスは日本でメジャーなところだと、

Amazon S3

Google Drive

・Box

・MS OneDrive

DropBox

でしょうか。ほかにもWebDavFTP等にもアクセスする設定が出来ます。

ここは試しに「Box」アカウントで設定してみます。自分はこのクラウドについてはかなり初期から利用しているため、無料のユーザーにもかかわらず約50GB利用できる権限があります。

1)サービスから「Box」を選択して名前に任意の名称を付けます。アカウント名ではありません。それ以外は何も入力せずに「アクセスキーを取得」をクリックします。

(下の画像ではアクセスキーが入力された状態ですが無視して下さい)

f:id:gakira:20150608150025j:plain

2)「Box」の認証画面に移動します。ここで初めてBoxのIDとPWを入力してログインします。

f:id:gakira:20150608150349j:plain

3)ロボットによる動作でないことを証明します。しかしこの画面の表示が大変見づらくて10回ぐらいリロードしました。

f:id:gakira:20150608150453p:plain

4)「アクセス許可」の画面が表示されるので「許可」します。許可すると認証コードが発行されて、1)の画面に「シークレット・アクセスキー」が入力された状態になるので、それを確認して右下の「追加」をクリックします。これで準備完了です。

f:id:gakira:20150608150623p:plain

そうするとメニュー内に以下のように表示されます。GoogleDriveとDropboxで試しましたがほぼ同じ方法で登録が出来ました。

f:id:gakira:20150608150918p:plain

で実際の使い勝手ですが、同期アプリを利用せず、またローカル上にデータを残さずにネットワークドライブとしてマウントされるのでなかなか使い勝手は良いです。

ただし私の環境で「Box」についてはマウントしたドライブ内で2バイトを含むフォルダーやファイル名が化けて消えてしまい、まるで何だか分からない状態になります。また日本語を含むファイルをドラッグするとエラー表示されて出来ません。英数字のみのファイルやフォルダーは問題ありません。

DropboxやGoogleDriveでは特にこの問題は発生しないので、Box特有なのか、あるいは当方の使用環境に問題あるのか?まだ切り分けできていませんがこのアプリそのものについては利用価値は高いと思います。

是非さらなるローカライズをお願いしたいと思います。(あとPro版の価格を公開して下さい。)

 

 

できるポケット+ Dropbox (できるポケット+)

できるポケット+ Dropbox (できるポケット+)