G@KIRA.NET×机上向学

ガジェット好きな筆者のPC・クラウド・アウトドア・防災に関する事を書いてみる、そんなブログです。

モバイル環境を再構築する MN502iからPocketwifiを経てF06Bへ

日付は忘れてしまったが、場所は良く覚えている。自分が人生で初めてモバイルでのインターネット接続を成功させたのはビックサイト近くの通りのベンチで展示会に参加した後の帰り道だった。使用したのはDOCOMO NOKIA製MN502iとPalm m505だった(と記憶している)

f:id:gakira:20100628174019j:image

MN502iの赤外線通信を使用してPalmと接続、PalmScape上にYahooのサイトが表示されたときは相当驚喜した記憶がある。もっとも今の用のパケホーダイなどという懐に優しいプランなどなく、使った分請求されるという代物(当時はなかったと思うけどパケ死というやつですね)。
当時は画材の営業をしていたから趣味の範疇でしかないモバイル通信は使う宛もなくその後もたまに思い出したように使ってみて一〜二分で満足して辞めてしまう、、、そんな程度の代物だった。
時は移って2008年。会社勤めを辞めフリーランスのMacサポートという仕事を始めてからモバイルの必要性は格段に増した。いわゆるノマドワーク中心になって喫茶店や駅の待合室、訪問先のオフィスの片隅が仕事場になった。
使う道具も使用しているMacBookProとiPodTouchをもれなく使えるようにeMobileのPocketWifiへ切り替えた。短い期間だったがホットスポットWifiルーターとしての機能を併せ持つポケワイは強力なモバイルツールだった。

f:id:gakira:20100628173403j:image

そして2010年6月、待ち望んでいた「道具」が登場してくれた。DOCOMOのF-06Bがそれだ。
自身がWifi無線LAnへ接続出来るのみならず、テザリングでホットスポットになることも可能な高機能携帯の導入で物理的な「もの」から解放された。ポケットからものがなくなることのなんと身軽なことか。
コストの関係で接続プランはベーシックを契約している。MoperaUのFomaハイスピードならばより便利さは実感できそうなものであるがなんと言ってもコストが高い!月額1万円近いコストは利便性と天秤に掛けても高すぎると思いませんか、DOCOMOさん?(イーモバやSBのiPhoneのパケット上限が五千円程度に比べると倍ですからね)

まだ操作になれないためイーモバとの二台持ちですが、ゆくゆくはF-06Bだけで行けそうな気がします。

F-06Bの外観およびスペックについて(DOCOMO公式ページより)

http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/prime/f06b/index.html?to=gallery