読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

G@KIRA.NET×机上向学

ガジェット好きな筆者のPC・クラウド・アウトドア・防災に関する事を書いてみる、そんなブログです。

机上向学 OSX EL Capitanではアクセス権は起動時に修復されるらしい

先だって書いた記事の中でEL Capitanにしたらディスクユーティリティーからアクセス権の検証と修復が消えた話をしました。

 

gakira.hatenablog.com

で結論から言いますとどうやらMacを起動・再起動するときにそのプロセスの中で検証と修復が実行される仕様になったようです。

support.apple.com

Beginning with OS X El Capitan, system file permissions are automatically protected. It's no longer necessary to verify or repair permissions with Disk Utility. 

 ということです。

El Capitanを再起動後にコンソールで「permission」で検索を掛けるとそれらしき動きを見せている項目が見つかります。MountainLionでは同じく検索を掛けても表示されないのでこれで検証されてるんだろうな、と納得しておくことにします。

修復できないようなアクセス権の障害が検出されたら起動後に表示されたりするんだろうか?そしてそれを修復するにはどうしたらいいのかと疑問は尽きませんがその時はアップルのサポートに何とかしてもらいましょう。

 

 

OS X El Capitan パーフェクトマニュアル

OS X El Capitan パーフェクトマニュアル