G@KIRA.NET×机上向学

ガジェット好きな筆者のPC・クラウド・アウトドア・防災に関する事を書いてみる、そんなブログです。

机上向学 Microsoft Office 2016 Mac をインストールしてみた

何か間違いを指摘されたときに、「それにはあたらない」とか「そんなことはない」とかいって根拠を示すことなく間違いを正そうとしない人って楽だなと想う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて本題です。

数日前より通知が来ていました、「Microsoft Office 2016 Mac」の「Office 365 サービスへの先行リリース」をようやくインストールする余裕が出来たので実行してみました。

私の契約しているOffice365サービスのプランは「Solo」ではなくビジネス向けの「Small Business Premium」です。(現在はSmallが取れてBusiness Premiumのようです)

 

ホーム - クラウド版 グループウェア サービス Office 365

1アカウントで5台までのWinとMacにOfficeをインストールできるので便利です。

現在バージョン2011を使用していて、今回の2016はOSX10.10以上が対象です。残念ながら手持ちのMac3台のうち条件を満たしているのはMacBookAirの1台だけ。2011の「更新プログラムのチェック」ではそれぞれのバージョンのアップデーターが表示されるだけなので Office 365の管理ページにアクセスして最新版をダウンロードしてくる必要があります。

アクセスしたOSをきちんと見ているらしく、OSX10.8でアクセスすると2011の再インストールの選択肢と、2016利用のためにOSXをアップグレードするかどうかの選択肢をきちんと表示してくれます。

f:id:gakira:20150713151941p:plain

これがOSX10.10でアクセスすると、2016をインストールするの一択です。2011を再インストールしたいときはどうするのか考えちゃいます。

f:id:gakira:20150713152135p:plain

インストールはごく普通に終了します。Office 2011 とは共存します。というかアプリケーションフォルダー内にバラバラにインストールされる仕様に変わったので、これが良いのか悪いのか何とも言えません。

f:id:gakira:20150713153806p:plain

ビジネスプランユーザーのため「~.onmicrosoft.com」アカウントでログイン、無事に起動しました。対して機能を使いこなしているわけではありませんがリボンインターフェースも少しすっきりしたようで好感が持てます。

また「最近使ったファイル」表示に「固定」の設定が出来るようになりました。

使ったファイルをピン留めしておくと時系列に押し流されず、常に「最近使ったファイル」に表示され続けます。これは地味に便利です。

f:id:gakira:20150713154534j:plain

それからもう一つ。ビジネスプランでも「One Drive for Business」として通常のパーソナル版とは違う形でクラウドストレージが提供されています。

それらがインターフェースに統合されてファイルをローカルとクラウドでシームレスに管理することが出来るようになりました。

f:id:gakira:20150713155538j:plain

 

 

接続済みサービス右側の「+」をクリックすると個人版 OneDrive と for Businessを両方追加できます。

f:id:gakira:20150713155617p:plain

残念なことに今現在(2015年7月13日)「for Business」へアクセスしようとするとエラーが出て接続出来ません。365サポートでは何かしか障害が起きているとアラートが出ているので明日にでもまたチャレンジしてみましょう。

f:id:gakira:20150713155858p:plain

 

実際にMicrosoft Office 365、Adobe CreativeCloud、Justsystem ATOK、などなど実務用のアプリの大きい部分がサブスクリプションへ移行してしまっているわけですがメリットは大きいですね。

月々払いにどうしても抵抗感があるとか、オンラインに依存しすぎるのが怖い方とか色々いらっしゃるかと思いますが怖がらずに「Lets Try !」って感じです。