読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

G@KIRA.NET×机上向学

ガジェット好きな筆者のPC・クラウド・アウトドア・防災に関する事を書いてみる、そんなブログです。

机上向学 OSX Yosemiteから自動でiPhone(iOS8)のテザリングをONにする

渋谷にこの26日に「ヤフオフ」ができるそうです。

ヤフOFF!フラッグシップストア 渋谷にオープン! - ヤフオク!

ヤフーオークションBOOKOFFがコラボする店舗のようです。
O2Oのビジネスモデルの1つとなるでしょうか?
GAKIRA的にはおもしろいとおもいます。


さて本題です。


先頃ダウンロードできるようになったiOS8、あるいは先週末に販売開始したiPhone 6/6 Plusが本領発揮できるようになるには、どうしてもOSX Yosemiteの登場が待たれます。
先行してβ版を入れています我がMacBookAir。

ちょこちょことβ版自体のアップグレードが行われているのですが、上がる度に微妙な事が起きて困ります。全体的には完成度は高いと思っているのですが。
今回はiPhoneで予め「インターネット共有」を起動することなく、Yosemiteから自動でテザリングを有効にするデモになります。

まずYosemiteのメニューバーのWi-fiアイコンを開きます。私の使っているiPhoneがこの時点ですでにアクセスポイントとして表示されています。

f:id:gakira:20140922230637p:plain

その共有先を選択するとiPhone側の「インターネット共有」が勝手に設定されます。

ただし現時点では画面ロックのかかった状態だと旨く動作してくれない感じです。

これがそのまま仕様になるのか、はたまたロック中でも設定されるようになるのか見守りたいところです。

正常に接続するとメニューバーの表示が変わります。

f:id:gakira:20140922231153p:plain

ここから接続解除が可能です。注意点としてはiPhoneの「インターネット共有」の「設定」は自動で行われますが、「解除」は手動で切らなくてはいけません。

そのままにしておくと無駄にバッテリーを消費することにもなるので注意しましょう。

Yosemite β版を入れてあるおかげで、ほんの少し早く機能を検証できます。

次回はHand Offの機能について少しデモしようかと思います。