G@KIRA.NET×机上向学

ガジェット好きな筆者のPC・クラウド・アウトドア・防災に関する事を書いてみる、そんなブログです。

机上向学 Parallels Desktop 10を購入してYosemite β2へインストールしてみた

Google Adsenceの登録が通らなくてもっとまじめにBlogを更新しないといけないな、と思い直したGAKIRAです。でも一応検証っぽい記事を書いているのでなかなか数を書けないというのが悩みです。

それはさておき。

先日OSX Yosemite βをインストールしたMacBookAir(以後MBA)にParallelsDesktop9(以後PD9)をインストールしてみたのだが、その後パラレルズ社からDMで先行ダウンロード販売のお知らせを頂いたり、アクトツーさんから同じくVMWareFusionユーザーへの先行乗り換え優待DL販売のお知らせが届いたり。

どっちで購入しようかと色々考えた結果、サポート対応に期待してアクトツーで購入。

Parallels Desktop 10 for Mac / act2 Version

購入した勢いそのままでMBAヘインストールしてみたその報告。

ちなみに乗り換え優待DL版の価格は、税込み¥5,280でした。

アクトツーで購入後ダウンロードリンクとアクティベーションキーが通知されるのでしっかり控えてディスクイメージをダウンロードします。

f:id:gakira:20140826132705p:plain

アプリケーションの名称がPD9と全く同じのため置き換えをするかどうか求められます。予め名前を変更しておけば両方インストールする事も出来そうですが、今回はそのまま置き換えで。

f:id:gakira:20140826132730p:plain

Parallelsアカウントでのログインを求められます。PD9を購入時に作成しておいたのでそのままログイン。アクティベーションキーを入力してインストール。

f:id:gakira:20140826134211j:plain

インストールが終了するとコントロールセンターが表示されます。PD9の時にVMWareFusionからコンバートしたWindows8がすでにアクティブになっているのでそのまま起動してみます。

f:id:gakira:20140826132744p:plain

そうすると「Parallels Tools」を新たにインストールし始めます。だいたい5分くらいで終了しました。それにしてもローカライズがちょっと微妙。

(今時「再スタート」はないだろう)

f:id:gakira:20140826134343j:plain

新規仮想マシンを起動すると通常のWindows OSのインストール、及び既存のPCからの移行の他にいくつかのOSがネットからのイメージをダウンロードする形で対応できます。

f:id:gakira:20140826134435p:plain

Ubuntu Linux (14.04)、Chrome OS、Android 4、Modern IE、この他復元ドライブからOSXを仮想化することもできます。

f:id:gakira:20140826134111j:plain

f:id:gakira:20140826134055j:plain

次回からはWindows7ないし8を実際にインストールしてみることと、仮想環境をいくつか作ってみた感想をお伝えしてみようと思います。

 

 

 

Microsoft Windows 8 (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用)

Microsoft Windows 8 (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用)