G@KIRA.NET×机上向学

ガジェット好きな筆者のPC・クラウド・アウトドア・防災に関する事を書いてみる、そんなブログです。

机上向学 QNAP TS-121 Qsync for Macを設定する 

f:id:gakira:20131116171313j:plain

QNAP TURBO NAS シリーズにはβ版ですが「Qsync」というPC(Windows&Mac)とNASのデータをリアルタイムで同期するアプリケーションが提供されています。

同期化 :: QTS 4.0 :: QNAP

今回はその設定。

まずは管理画面のリンクから「Qsync for Mac(Beta)」をダウンロードします。

f:id:gakira:20131129144515p:plain

 

ダウンロードしたイメージファイルを解凍し、アプリケーションをインストールします。

f:id:gakira:20131129144652j:plain

 

「設定画面」が表示されます。紫色の表示で「使用不能です」とか表示されますが上部の「NASの検索」を実行するとネットワーク内のQNAPを探してきて表示しますので、これを選択します。

f:id:gakira:20131129144938j:plain

 

選択すると

・「住所」欄に該当するQNAPが表示されます。

・「ユーザー名」と「パスワード」欄にQNAPに設定されているユーザーアカウントの自身のものを入力します。 

・「Qsyncフォルダー」が標準でユーザーのホームフォルダー内に作成されます。

場所を変更することも出来ますが、既存の任意のフォルダーを選択することはできません。

・「コンピューター名」は設定中のMacの名前が入ります。

 

「次へ」をクリックすると「Qsyncへようこそ」のツアー画面が表示されます。

f:id:gakira:20131129154815p:plain

f:id:gakira:20131129154845p:plain

f:id:gakira:20131129154911p:plain

f:id:gakira:20131129154931p:plain

 

ツアーが終了すると使用開始です。といっても難しい事はなくDropboxと同様に指定のフォルダーへコピーされたものはリアルタイムにQNAPへ同期します。

メニューバーにはQSyncのアイコンが表示されてステイタスを確認できます。

f:id:gakira:20131202200452j:plain

同様の設定を他のPCに行えば、ローカル環境の中で同期するDropboxサービスを構築する事が可能です。

個々のPCの同期状態を変更したい場合はメニューバーのアイコンから「初期設定」を選択します。

f:id:gakira:20131202200714j:plain

 

「同期」メニューで「選択式同期」を行えば容量の少ないSSDドライブを搭載した機種でも安心して利用することが出来ます。

f:id:gakira:20131202200743p:plain

 

 

オフィスでそれぞれのPCのデータを同期したいが、DropboxSugersyncのように外へデータを出したくないという方には非常にお薦めです。

 

 

TurboNAS TS-121 HDD-Less Model

TurboNAS TS-121 HDD-Less Model

 

 

 

BBソフトサービス SugarSync 10GB

BBソフトサービス SugarSync 10GB