読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

G@KIRA.NET×机上向学

ガジェット好きな筆者のPC・クラウド・アウトドア・防災に関する事を書いてみる、そんなブログです。

Books [グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業 -夏野剛- ]

415HhgjSXhL._SL500_AA240_.jpg

のっけから激しいタイトルです。「Webはバカと暇人のもの」というタイトルの書籍があったかと思いますが、それに対抗できるほどのインパクトです。
主張は非常に理論整然としていて、i-mode松永真理さんとともに立ち上げた夏野氏だからこその内容だと。
(評論家っぽいコメントではなく、コレをやってきたという裏付けがあるからでしょうね)
確かにWebビジネス、数年前のweb2.0のブームに乗り参入コストは限りなく低いこともあいまって続々と参入したものの撤退も早かった、、、
リーマンショックという金融危機があったとしても。

そのあたりの原因をばっさりやってます。曰わく「既得権益を守ろうとする意識が強い」「経営者のネットへの関心や理解が低すぎる」「ユーザーインターフェースを真剣に考えていない」などなど。

Eコマースを運営されている方、ネットビジネスにまじめに取り組みたい方は必読だと思います。

共感する部分で言うと

第1章第2節「あなたのウェブサイトがだめな理由」
ここに書かれていることは角度を変えれば一般のビジネスでも同じことがいえると思います。誰のためのサービスなのか!常に考えるべきところです。

第3章第3節「ネットメディアとデジタルコンテンツ」
ここに書かれているのは先日読んでいた佐々木氏の「2011年 新聞・テレビ消滅」と同じくマスメディアについて言及している。佐々木氏がばっさりとやっているのに対して、夏野氏はマスのだめさ加減を指摘するもまだまだ捨てたものではない、と。でもやはり大きな変化を求めているところは変わらない。

実は最後まで読むと書名のインパクトはずいぶん薄れるような気がする。むしろ大きなエールが送られている感じ。