G@KIRA.NET×机上向学

ガジェット好きな筆者のPC・クラウド・アウトドア・防災に関する事を書いてみる、そんなブログです。

ワークスタイル [Todo管理1:DropBoxとThingsのいい関係]

今更Dropboxに感動してしまった話を半月ほど前に書いた。実はこれがお蔵入りしそうだったTodo管理用ソフト復活させてくれた。
実は昔からTodo管理に挑戦しては破れるということを繰り返していた。
使ったサービスといえば、
CheckPad
Remember the milk
・メールソフト(Mail,Entourage)の「仕事」「Todo」機能
GMailのTodo機能
などなどetc.etc.

どれも自分には今ひとつ使い勝手が悪くて、、、もちろんリマインダーの機能がついているとかいないとか、繰り返しの予定の設定が出来るとかできないとか。でもきっと最大の理由は入力そのものが面倒で後回しにしてしまうことだと考える。何でもそうだけど操作(入力)の手間がかかるものはNG!
そんな理由で見てみると
CheckPad(以下CP)
×リマインダーが指定時間に一括で送られてくるだけ
×繰り返し設定が出来ない
Remember the Milk(以下RTM
×インターフェースが左右でばらけている(新しい予定を作った後で日時やリマインドの設定をし直す)入力が手間
GmailのTodo(以下GT)
×基本的にやることを羅列するだけ
×繰り返しやリマインド機能がない

※上記の「×」はあくまで使い勝手に関する私の主観です。

上の3つはオンラインサービスで携帯やWeb上でどこからでも閲覧&編集が可能(RTMiPod版は良くできていたと思う)なのでTodoのサービスとしてふさわしいとは思うのだけどぱっと打ち込んでぱっと閲覧するっていうのが個人的には重要。webサービスは基本ブラウザを使用する関係でどうしてもリロードやタブの切り替えで時間を食ってしまったり、オフラインでは機能しなくなるというのが致命的。

※改めてみるとGoogleGearを使用するとRTMはオフライン化できるみたい。やらないけど。

CPとRTMはリストを分けて分類と整理もできるけどこれが徒になって例外なしの一覧表示ができない。できればすべてのTodoの総量が分かるといい、いわゆる「見える化」という奴。

メーラーの機能のTodo(ソフトによっては仕事と言ったり)はやっぱりとってつけた感があるのでなじまなかった。

それである日手に入れたのが「Things」だった。

tg_top.jpg

http://www.netjapan.co.jp/r/product_mac/thg/

機能は結構自分好みだったのですが、他のモバイル機器との連携が貧弱なためにお蔵入りしていましたが、ここへ来てDropboxiPod版Thingsの登場で一躍Todo管理の主役に躍り出たのです。ぱんぱかぱーん♪

Thingsの問題は2つ(本当はいろいろあるけど)。
1)複数のMacの間で同期する方法がなかった
2)モバイル端末との連携ができなかった

2についてはiPhone/iPodTouch版Thingsがネットジャパンから提供されたおかげで解消しました。Wifi上で同期するというものですが、自分はTouchユーザーなので十分でしょう。インターフェースは全く同じなので戸惑うこともありません。

DVC00091.jpg

3.jpg

さて問題は1。複数のmac間で同期する仕様はまだ実装されていません。メーカーのFAQでも、
http://www.netjapan.co.jp/r/product_mac/thg/faq/syncing/multi_macs_sync.php
とあって「ポータブルデバイスを使って、、、」という怪しげな方法を提示しています。
ポイントはここ、「同期やバックアップに便利な場所を選択することができます。iDiskのようなオンラインストレージサービスは使用できません。」
では、ローカル上のデータを同期できればいいわけだ。
7.jpg

だからDropboxだったわけです。Dropboxはローカルデスクトップ上の「Dropboxフォルダー」を監視して複数のPC間で同期を取るわけでネットワークドライブではない!

dropbox_logo_home.jpg

そこでDropboxフォルダー内にThingsのデータベースを置いて試してみた。
結論から言うと全く見事に同期しました。ネットジャパンさんこの方法を推奨して下さい。

実際の運用はMBPとMacminiの間でDropboxを介して同期します。(というよりもDropboxで同期が取れているので全く同じものが立ち上がるという感じです)自宅で使用しているときは主にMacminiのThingsを立ち上げて入力し、出かける直前にTouchのThingsを立ち上げてwifi経由で同期する。出先ではMBPで入力し同じくtouchと同期します。Touchは主に閲覧に使用して、編集や調整は出来るだけmac側で行います。
この方法を初めて約1ヶ月経ちます。だんだんとスムーズな運用を行えるようになってきています。アラートの機能(メールを飛ばすとか)はThingsにはないのですが、DOCK内に「今日」が期限のタスクの数が表示されるのが嫌でも目に入るのと、時間と言うよりも日付で管理するTodoの場合が圧倒的に多いのでアラートはあまり重要ではないので間に合っています。
(時間で管理するのはアポイントメントでそれについては「iCal」と「GoogleCalender」を組み合わせて管理しています。これについてはまた今度)

こんな使い勝手で良ければ、オンラインサービスよりもよっぽど安定感のあるTodo管理が行えると思います。