G@KIRA.NET×机上向学

ガジェット好きな筆者のPC・クラウド・アウトドア・防災に関する事を書いてみる、そんなブログです。

新しいMacBookPro用にTunewareのUSBドックを買ってみた ALMIGHTY DOCK C1

昨年末に新しいMacBookPro Late2016を購入・持ち歩き始めておよそ一月が経過。

キーボードの打鍵音の大きさが何とかならんもんかと思いつつも、それなりに気に入り始めています。カラーをスペースグレーにしたのもより大人な感じが出ていてGoodです。

とはいえ、やはりUSB-Cポートオンリーの仕様はちょっとした瞬間に手間を取らせられる一因にはなっているのでアップルさんのレガシーポート殺しももう少し自重して欲しいと思ったりする今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?私は元気です。

微妙な使い勝手を改善するためTuneware(日本代理店フォーカルポイント)のALMIGHTY DOCK C1を購入してみました。

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C1 マルチUSB-Cハブ スペースグレイ TUN-OT-000028

お色は本体に合わせてスペースグレイを購入。

f:id:gakira:20170119113202j:plain

ALMIGHTY!というだけあってポート類は充実。

f:id:gakira:20170119115934j:plain

ちょっと残念なのは接続部分のケーブルが直づけだったこと。ここを差し替え式にしてくれれば長さの調節とか、USB-Aポートと兼用できるのに。

あとThunderboltポートがあれば直良し。

手元の機器類は概ね正常に認識してくれるので取扱に問題なし。

そしてもう一歩踏み込んで、搭載されているUSB-CポートにACアダプターを接続して給電できるのか??

f:id:gakira:20170119113629j:plain

出来ました(W)

何のひねりもなくごく普通に給電状態に。直にACアダプターを挿したときと充電完了までの時間にも大差は無く、ごく普通に使えそうです。

自分のMacBookProはUSB-Cを4ポート搭載しているモデルなので問題ないのですが、ポートを2つしか持たないエントリーモデルや1つしか持たないMacBookでは重宝するかもしれません。

またメインマシンとして使用するときも外付けハードディスクやプリンターを接続しておくのと同じくACアダプターも挿しておき、このDOCKを繋げば全て繋がる状態にしておけばストレスも減るという物でしょう。

そしてそして、Tunewareさんにもう一歩踏み込んで欲しいことが1つ。

この製品をMagSafe対応に出来ませんかね。

以前からMacBookAirを3台続けて利用していた関係でMagSafe ACアダプターが結構な数あります。

これを再利用できるような仕様のDOCKを作っていただいたら間違いなく買います。

f:id:gakira:20170119113814j:plain

よろしくお願いします。。。

道具箱の中身も気持ち減りました。

f:id:gakira:20170119122152j:plain

 

 

 

 

 

 

MacBookPro Late2016 モデルを使い始めるに当たって購入したアダプターやらケーブルやら

遂に手元にアップルさんからMacBookPro Late2016 13inchモデルが届きました。

これから3年は我が愛機として頑張ってもらう所存です。

現在使用しているMacBookAir 11inchと比較しても小さい!薄い!軽(く感じる)!

画面サイズは拡大したのに左右の大きさはほとんど変わらず、奥行きが少し伸びただけなのでポータビリティーはほぼ変わりません。

むろん、あのエッジの効いたAirの格好良さには敵わないのですが、そこはそれ、新しい物を導入して行ける喜びをかみしめましょう。

f:id:gakira:20161215085707j:plain

とはいえ、

やはりUSBポートの規格変更とThunderboltポートの廃止は痛いです。

仕事柄自分の機材用のケーブルはもとより、検証用にいろいろアダプター類を持ち歩いている身としては、出来るだけ規格が統一されていた方がありがたいわけです。

実際まだ普及しているとは言い難いType-Cポート対応のための物を別途揃えるのは懐が寂しくなるのに堪えないといけないなぁと、思ったり。

ということでひとまず揃えてみたのがこちら。

f:id:gakira:20161222115458j:plain

上の方から、

・Thunderbolt3(USB-C)-Thunderbolt2アダプタ(アップル純正)¥3,200

Thunderbolt3(USB-C)-USB(Type-A)アダプタ(アップル純正)¥900

・Aukey USB3.0 to USB-C Adapter(2個入り)¥1,018(amazon

・USB-C 61w PowerAdapter(アップル純正)¥7,398

・USB-C Charge Cable 2M(アップル純正)¥2,195

締めて¥14,711(税別)ですぜ、皆さん!

特にPower Adapterが高い。

アップルさんにお願いしたいのは是非MagSafe ACアダプターで使えるUSB-C用の変換アダプターを出して下さい!って感じです。

今までのアダプターを活用させて下さいませませ・・・

で、いろいろ繋いでみました。

f:id:gakira:20161222120418j:plain

USBメモリ、OK!

f:id:gakira:20161222120509j:plain

USB to Ethernetアダプター(アップル純正)OK!

f:id:gakira:20161222120939j:plain

USB3.0経由で外付けハードディスクOK!

f:id:gakira:20161222131632j:plain

Thunderbolt3(USB-C)-Thunderbolt2アダプタ経由、Tunderbolt2 to Firewire800変換アダプター経由、Firewire800 to 400変換ケーブル経由でFirewire400ポート搭載のポータブルハードディスクOK!(しっかりバスパワーで動作しました)

そしてさらにThunderbolt3(USB-C)-Thunderbolt2アダプタ経由、Thunderbolt2ケーブル経由、iMac(2011モデル)でターゲットディスプレイモードへの対応も確認できました。

いろいろ繋いでみましたが結構いけそうです。

ただしアップルが公式に「これは繋がらないよ」と云っているモノもありまして、それらはこちらのページでまとまっています。

support.apple.com

Thunderboltポートと口を同じくするDisplayPort製品が結構駄目らしいので、これはちょっと困った・・・USB経由のディスプレイアダプターを幾つか用意する必要がありそうです。

電源以外は「Thunderbolt3(USB-C)-Thunderbolt2アダプタ」と「Aukey USB3.0 to USB-C Adapter」があればほとんど使い回しが出来そうな感じです。

とはいえバラバラとアダプターばっかり増えるのも煩わしいのでこちら辺りで一まとめにするのも良いかなと思ったり。

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C1 マルチUSB-Cハブ シルバー TUN-OT-000027

発売が来月なので、入手したらまた紹介します。

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C1 マルチUSB-Cハブ シルバー TUN-OT-000027

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C1 マルチUSB-Cハブ シルバー TUN-OT-000027

 

 

 

防災用品の中身を点検 手回し充電式ラジオってどうよ

東急ハンズやロフト、あるいは百貨店の防災コーナーなどに行くと必ず売っている災害時持ち出し袋(以下防災袋)。うちにも阪神大震災あるいは中越地震の後ぐらいに父親が購入したと思われる防災袋が2つほど転がっていた。

どこかの通販サイトで購入したらしい飾りっ気のない銀色の防火素材を思わせるようなナップサックの中に
・ヘルメット
・ポリタンク(飲料水用1リットル)
・十徳ナイフ(メーカー不明)
・3Mぐらいの細引き(何に使う?)
・保温用のアルミシート(よくあるやつ)
・乾パンの缶詰(賞味期限は切れているが経験上倍は持つので今でもキープしてある)
・5年間保存の飲料水(さすがに怖くて飲めないので廃棄)
・ろうそくとマッチ
・手回し充電式ライト&ラジオ
・ないよりましな絆創膏セット
大体こんな感じ。
自分の防災袋に流用できそうな物は流用して、あとは処分と思っている。
それでよくよく見てみたのが「手回し充電式ライト&ラジオ」。

f:id:gakira:20160925095957j:plain


本体は無印で何処のメーカーか分からず。生産は多分中国だろう。

amazonにありましたがお薦めしません

充電対応ラジオ付き手回し充電LED懐中電灯:携帯電話充電対応:スマートフォン用MicroUSB端子、その他端子:FOMA・SoftBank・au

手回しで発電して「ライト」「ラジオ」「サイレン」そして携帯機器の充電が出来るバッテリー内蔵という仕様。
こういう製品を見たときに使い物になるかは充電と給電のプラグを見ればいいというのが私の持論。

f:id:gakira:20160925135923j:plain


これはちょっと困る仕様。
どちらも汎用ではあるが口が合わないと使えない。もちろん口が合えば何でも使えるけど被災時の混乱で用意しておいたプラグやケーブルを無くしたらそれでもう使えなくなってしまう。
汎用性に欠ける仕様だと思う。
理想的なのは充電側は「マイクロUSB」か「ミニUSB」ポート。給電側はフルサイズの「USB-TypeA」ポート。
これならば被災した状況でケーブルを無くしても調達が出来るし、最近みんなスマホを持っているとこのあたりのケーブルを所持している可能性が十分あるので汎用性に長けていると思う。
では自分が防災袋に入れているのは何かというと、これ。

f:id:gakira:20161013083354j:plain

SONY ICF-B03/D

偉そうに言っておきながらプラグの仕様は同じような感じ。専用感ありありなケーブルが付属しています。

f:id:gakira:20161013083412j:plain

2012年購入のモデル。これのいいところは手回し充電と乾電池が併用できること。
カタログスペックではあるけど発電効率が高いところでしょうか。
さすが「Its a SONY!」
別途モバイルバッテリーも袋に入れてあるのでモバイル機器の充電はそれにお任せ。
もっとも手回し充電に頼らなくちゃいけない状況はかなりヤバイ状態ではないかと思ったり。
ついでに云うならば、充電タイプの機器はいざというときに放電しきっていて即使用が出来ないということも想像できる。

だから防災用のこのあたりの製品は乾電池でも動作する物を用意して乾電池を別途袋に入れておくことをお薦めしたい。

入れっぱなしだと液漏れしていて機器自体が使えなくなるかもしれないから。

追伸 SONY ICF-B03/Dには後継モデルが出ていて、それは給電用のポートがUSB Type-Aなので非常に理想的です。この際なので買い足して普段から使うようにしておこうか。